macOSをSierra(10.12)に変えた

Pocket
LINEで送る

毎年、年始休業中に macOS を アップグレード 、
さらには クリーンインストール しています。
「え?そんなに頻繁に?」と思われるかもしれませんが
毎年のようにアップグレードしている Adobe のソフトが
やはりOSが最新状態じゃないと良いパフォーマンスを発揮出来ない
という事がここ数年続いているのでそれに伴ってのアップグレードです。

今年は13番目のmacOS Sierra

意識していないとすっかり忘れてしまうのですが、今年のmacOSは13番目。
名称は『Sierra』(シエラ)
名前の由来はカルフォルニア州のシエラネバダ山脈からつけられたそうです。

OSアップグレードで心がけていること

OSアップグレードの方法などは他のサイトやブログで紹介しており
今更紹介する必要は無いかと思いますので私が心がけていることを簡潔に。

  1. データのバックアップを行う
  2. Sierraへアップグレードをする
  3. ハードディスクを初期化する
  4. Sierraを再度インストールする

簡単に言ってしまえば2回インストールしています。

1回目のインストールは前OS(El Capitan)からのアップグレードのインストール
ここで出荷段階のOSから新しいOSへ変わります。
しかしこの段階だとデータやアプリの引き継ぎをするに過ぎず
何かと不具合が起きていたり、動作に不安が残ったりします。
そこで一旦初期化をしてから新OSを入れ直すようにしています。

新しいOSへアップグレードせずにいきなり最新OSを入れたいところですが
一度OSのアップグレードをして出荷段階(現段階)のOSから
新しいOSへ変えないといけないようです。
これだけがちょっと面倒…。

初期化はディスクユーティリティ

ハードディスクの初期化は定番の
option+command+Rを押したまま起動です。

macOSユーティリティからディスクユーティリティを選択し
消去で初期化。

これで全部消えます

そんなに安易に初期化して大丈夫?

大丈夫です!

ソフトウェアのインストールは予め何を入れるかのリストアップはもちろん
インストール時に必要なシリアルなどもしっかりテキストデータでバックアップ。
ソフトウェア自体は今はダウンロードしてインストールするソフトばかりなので
インストーラーを準備しておく必要も無く手間は一気に減りました。

また独立前に働いていた会社には学校へパソコンを納入する部署もあり
よくその手伝いもしていたのでインストール作業の手際は
良い方だと自負しております。

バックアップのポイント

バックアップをする際に私が気をつけているポイントは

  • データの管理はクラウドサービスを活用する
  • 日本語入力の際の辞書は欠かさずバックアップしておく
  • メールのアカウントはIMAPで必ず設定する

以上です。

データの管理はクラウドサービスで

データは外付ハードディスクやNASがあるのでそれらを使ってもいいのですが複数台Macがあるのでデータの管理はどこに居ても出来るようにクラウドサービスを利用しています。

主にクラウドに入れているデータは以下のとおり

  • 現在進行系のデータ
  • インストールするソフトウェアのリスト
  • ソフトウェアインストールに必要なシリアルをまとめたテキスト

終了したプロジェクトデータは外付ハードディスクやNASに入れて
保管しております。必ず2つ以上のストレージに入れるようにして
もしもの事態にも備えるようにしております。

辞書データのバックアップ

辞書データのバックアップは必ず取るようにしています。

辞書データにはメールアドレスや住所など入力頻度の高いものは全て
短縮語として登録しております。

再度登録するのは非常に面倒なくらいの量なので
今は辞書データを作成し、エクスポート→インポートをするようにしています。

ちなみに日本語入力ソフトですが
私は以前はATOKを使用しておりましたが現在はGoogle日本語を使っております。
決してATOKがダメになったという訳ではなく、Google日本語で十分だったという
結論に至ったのが理由です。

無料なのに便利ですよ。

メールアカウントはIMAPで

メールのデータ管理はPOPかIMAPのどちらかになるかと思いますが
私は必ずIMAPを使っております。

POPはメールデータをパソコンにダウンロードし、
サーバーにあるデータは消去するのが基本の形です。
それに対しIMAPはメールデータをサーバーに残し、
複数台のMacやスマートフォンなど数多くのデバイスで
同じメールアカウントのデータを読み込むという方式です。

私は複数台のMacやスマートフォンを使うのでIMAPは
欠かせない状態になっております。

これらがバックアップのポイント

macOSをSierraにしてみて便利だったこと

Sierraにしてみてまだ間もないですが、
これは便利!って思ったのがSiri。

Macはもともとマイクとカメラが内蔵(一部Macは除く)
追加の設備投資もせずSiriが使えます。

Siriをなかなか使わないという方もこれを機に使ってみてはいかがでしょう?
目的のウェブサイトを表示させたい場合はわざわざ検索サイトを
使わなくてもいいし文字入力もしなくていいというのは便利です。

ただIllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトで
ズーム操作をする際、使用するキーでcommand+スペースバーを長く押す
という操作があるのですが、ここがSiriの起動のショートカットと
バッティングするので私はSiriの起動ショートカットをオフにしました。

関連する記事

Pocket
LINEで送る

投稿者: ヤマシタヒトシ

名古屋のすぐ西隣、あま市でグラフィック、Webのデザインとフォトレタッチをしております。 また日本デザイナー芸術学院、名古屋デザイナー学院のデザイン専門学校と大垣女子短期大学にて非常勤講師、クリエイトベースカナヤマでパソコンインストラクターもしております。