食品をおいしく見せる映像編集とは

Pocket
LINEで送る

商品宣伝用映像の編集のお仕事に関わらせていただきましたので
ご紹介させていただきます。

ご依頼主は岐阜県関市の刃物メーカー様

ご依頼主は伝統刃物の町、岐阜県関市にある三星刃物 様
『和 NAGOMI』という名前でシリーズ展開している包丁シリーズの商品宣伝用映像の編集を行いました。

今回編集させていただいたのはこのシリーズの1つ『丸 MARU パン切り包丁』。
刃の部分の形が小さなアーチ状で連なっており、刃が材料に引っかからない事でキレイな断面を作る事が出来るそうです。

食品を切る刃物だからこそ

いただいた撮影映像の編集とシズル感を与えるためのカラーコレクション(色調整)も一緒に行っております。
食品を切る商品だけに切れ味を伝えるだけでなく、カットされた食品の美味しさを伝える事も必要です。

カラーコレクションについてはフードを得意とするフォトレタッチを行っているのでしっかりと微調整しながらこだわらせていただきました。

わかりやすいポイントは食品をおいしく見せる上で天敵ともなる
青い色と暗い環境はまず取り除いているのがわかるかと思います。

詳細は秘密ですが…
ポスター、チラシ、パッケージ、Webなどの使用するメディアやサイズ、
店内、屋外、電車の中などの環境によって細かな微調整を行います。
特にそういった事をフードでは気を遣います。

そして出来上がった映像がこちら。

今、食パンブームになっておりますがふんわりやわらかい食パンはなかなか上手にカットする事が出来ませんがこれならスパッと!

気になった方はネットショッピングも行っておりますので是非どうぞ。
<和 NAGOMI eショップ>

関連する記事

Pocket
LINEで送る

投稿者: ヤマシタヒトシ

名古屋のすぐ西隣、あま市でグラフィック、Webのデザインとフォトレタッチをしております。 また日本デザイナー芸術学院、名古屋デザイナー学院のデザイン専門学校と大垣女子短期大学にて非常勤講師、クリエイトベースカナヤマでパソコンインストラクターもしております。