[解決編追加]WordPressプラグイン『Broken Link Checker』をアップデートしたらParse errorが出てダッシュボードにログイン出来なくなった

Pocket
LINEで送る

Broken Link Checkerとは

Broken Link ChaekerはWordPressの記事内に作成した外部リンクにエラーが無いかを定期的にチェックし、エラーが見つかった時にはご丁寧にメールでお知らせまでしてくれるというとっても便利なプラグインです。
サイトの閉鎖によるドメインの無効というのは滅多に無いですが、ECサイトやネットショッピングモールのある商品へのリンクともなると商品が取扱終了にともなうリンクエラーはよくあるものです。リンクエラーの放置はサイト管理としては決して良いものではありませんので定期的なチェックをしなければいけません。しかし記事が増えれば増えるほどこの作業は大変なものとなります。そんな時の素晴らしいプラグインが『Broken Link Checker』だったんです。

問題発生は突然に…

8月2日(水)深夜の3時。

ふとメールチェックをしたらBroken link checkerからのメールが。
寝る前にリンクエラーだけ解決しておくかと思いブログサイトにログインし、リンクを修正。
「いつもありがとうございます」という気持ちでこのプラグインの作者に感謝しつつふとダッシュボード(WordPressの管理画面)の画面上部に目をやったら更新のマークが。確認するとBroken link checkerでした。いつものように更新をスタートさせて更新の状況を伝える画面に自動的に…うつらない。「あれ?」と思いダッシュボードをクリックしたら画面は真っ白。表示された文字は

Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘ in /(サーバー内のディレクトリ名)/wp-content/plugins/broken-link-checker/core/core.php on line 109
 

エラー起きてますね。

早速、何に対してのアップデートか確認

まずはエラーが出た直前の行動を疑えというのが問題解決の鉄則。
勝手に壊れるという事はほぼないのです。

というわけでBroken Link Checkerのプラグインサイトにアクセス。

 

更新がされて1.11.4になっていましたので内容を確認。

 

Fixed a few more PHP 7.x/5.6 compatibility issues

PHPに関する事であるという事がわかりました

そこでふと「サーバーのPHPのバージョンっていくつだっけ?」という事になりサーバーにアクセスし、PHPのバージョンを確認してみたところ私のサーバーのPHPバージョンは5.3でした。PHP5.4以上や7.xにすると『500 Internal Server Error』が出てしまうという問題があって以前対策を講じたところでした。


契約しているxreaのサーバーがリニューアル後WordPressのサイトのみ500エラーで見えなくなった(2017.5.17配信)
http://blog.yamashita-design.com/2017/05/wordpress_500error_xrea/

アップデートの内容とは関係の無い部分かなと思いながらもPHPのバージョンを5.6にしてみたり、7.1にしてみたりするも…

効果なし。逆に『500 Internal Server Error』のお出ましです。
ちーん… Ω\ζ゜)

プラグインを一時的に外す(削除する)事に

以前のバージョンにダウングレードするという事が出来ないため、サーバー内へログインした状態でまずはプラグインが入っているディレクトリまで突き進みます。

/(サーバー内のディレクトリ名)/wp-content/plugins/

そして見つけたBroken Link Checkerのディレクトリ。
まずは削除前の定番、バックアップ。このディレクトリをまるごとダウンロードしておきます。
削除して不具合がさらに悪化してもいけませんからねちゃんと戻せるようにですよ。

では無事にダウンロードが出来たので削除!!

※この中にプラグインの数々が入っているのですが、検証を重ね長期に渡り安心して使えるプラグインの数々のため一覧は秘密(大学や専門学校の授業でwordpressを教えている学生には公開しております)

ダッシュボードを再度読み込みをしたら無事に元通り

ひとまずBroken Link Checkerの修正アップデートがかかるまではこの状態にしておきます。
アップデートがなかなかかからない場合は同類のプラグインを探します。

[追記] 早速問題が修正されました

同類のプラグインを探さないとなーと思う前に早速問題が修正されていました。

PHP5.6/7.xの問題を直したら5.2で問題が起きていたようです。
 
早速再インストール。不具合無く無事に動いております。
言葉は届かないと思いますが、作者の方ありがとうございます。

[編集後記] WordPressやプラグインのアップデートについて

WordPressはサーバー内で動くソフトのようなものなので何か問題があればアップデートが発生します。

もちろんアップデートせず放置すれば脆弱性ぜいじゃくせいの問題を突いたトラブルに遭う可能性だってありますし、表示速度が遅い問題なども改善されているのにそれを適用しないという事もあるのでアップデートをクライアントさんのサイトには推奨するようにしております。

ただ私自身で問題が起きていないかどうかの検証が出来ていないものを安心して使って下さいと言うわけにはいかないので私自身のブログやテストサイトで実用しながら使いやすさや問題が出ていないかといった確認をします。
また導入後もクライアントさんのサイトで適用しているプラグインは私のブログやテストサイトでも実装し更新情報があれば人柱を覚悟で早めにアップデートを行い、今回のような問題が出ないかを確認します。システムエンジニアさんやバックエンドエンジニアさんのようなwordpressを大改造出来るプログラムの技術は私にはありませんのでその代わりに安心出来る環境をクライアントさんのサイトに継続的に提供するという形が作れるよう心がけております。

wordpressサイトはクライアントさんが情報発信出来るからという事で『手離れする=管理費が全くかからない』というイメージを持っている方もいらっしゃいますが、何か大きな問題が起きてからだったり、今回のアップデートで問題は出てしまいましたがBroken Link Checkerがやってくれるようなリンクエラーへの対処もされず長期間放置していると検索サイトでの表示順位も落とされる要因となります。
ですので私はwordpressサイトであろうが管理費をいただき1ヶ月に1度くらいの定期的な更新管理と管理レポート提出をさせていただいております。

ホームページ(ウェブサイト)制作のご相談は連絡先がプロフィールページに記載がありますのでお気軽にどうぞ。

関連する記事

Pocket
LINEで送る

投稿者: ヤマシタヒトシ

名古屋のすぐ西隣、あま市でグラフィック、Webのデザインとフォトレタッチをしております。 また日本デザイナー芸術学院、名古屋デザイナー学院のデザイン専門学校と大垣女子短期大学にて非常勤講師、クリエイトベースカナヤマでパソコンインストラクターもしております。